APIO

APIOは日本の食糧自給率について考えているサイトです。ウチのおばあちゃん(農家)へのインタビューもあります。

はじめに

食料自給率とは、その国の中で消費される食料のうち、どのくらいの割合で国産品があるのかというものを表すものです。

我々日本人はかつて100%の自給率を誇っていた時期がありましたが、現在は輸入が止まってしまうと、日本という国が転覆してしまいます。 そんな状況を黙って見過ごすわけにはいきません。まずは現在の状況を知って下さい。

現在の日本の状況

まず、自給率を表す方法が二つあり、「カロリー」を元にするのか「金額」をベースにするのかによって出てくる数字が全然違います。

まずは前者のカロリーを元にしたものだと日本の自給率は39%になります。 詳細は後に譲りますが、ざっくり言うと、日本は輸入が停止してしまった場合、現在の食卓が39%になってしまうという事です。 特に皆さんの大好きな肉類は壊滅的なダメージを受けます。

また、金額をベースにした数字ですと69%という数字が出ます。 こちらは若干穏やかな数字が出ますが、食べ物が目の前に無い状態ではお金はただの紙屑でしかありません。 農林水産省はカロリーで計算しています。

諸外国と比較して先進国とはこんなものなのか?

では先進国はみなこのようなものなのでしょうか? 実際にグラフを見て下さい。

国名 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2002
オーストラリア 199 206 230 212 242 233 261 280 230
カナダ 152 109 143 156 176 187 163 161 120
フランス 109 104 117 131 135 142 131 132 130
ドイツ 66 68 73 76 85 93 88 96 91
イタリア 88 79 83 80 77 72 77 73 71
オランダ 69 65 72 72 73 78 72 70 67
スペイン 96 93 98 102 95 96 73 96 90
スウェーデン 90 81 99 94 98 113 79 89 87
スイス 48 46 53 55 60 62 59 61 54
英国 45 46 48 65 72 75 76 74 74
アメリカ 117 112 146 151 142 129 129 125 119
日本 73 60 54 53 53 48 43 40 40

こちらの表は農林水産省が試算したものです。 日本が調査にいったわけではありませんので、そのまま鵜呑みにする事は出来ませんが、 参考にはなると思います。

注目すべきは第二次世界大戦で日本と同じく国がバラバラになるほどの打撃を受けたドイツ、 そして多数の国を支配し搾取していた島国英国です。 ドイツは戦後着々と力をつけ数字が上がっていくのが良く分かると思います。 また、英国にしても各国から批判を浴び徐々に国を手放すと同時に自給率を上げています。

その逆に日本はお金を優先するあまり大事な食料という人質を他国に取られてしまいました。 日本には国土がないという言い訳は出来ません。 あの太陽に恵まれない英国でさえ、いざ何かあった時の為にと、このような事を準備しているのです。

この数字を見て日本は豊かな国だと言えるでしょうか? 外交の際に他国に対して強く影響力を持つ事が出来るでしょうか?

日本は紙切れを信じすぎるあまり、牢屋の中の囚人のように、差し入れ口から食料が運び込まれているのを待っている状態です。 国力とは自分の力で生きる事が出来る力ではないでしょうか?

おばあちゃんの声

では実際に食料を生産している人の声、現場の声を聞いてみましょう。

そういえば昔、「減反」って騒いでた時期があったけど今はどう?
今も変わらないよ。以前ほどではないけど、米作ってもたいした値段がつかないから大変だ。 知らないと思うけど、今はね、ウチで開発した種米をね、そのままオーストラリアに持っていってね、 同じように生産しているんだよ。いったいいくらで日本に入ってくると思う?
分からないなぁ。
三分の一だよ、三分の一。我々農家がいっくら頑張ったって、三分の一の値段じゃとっても食べていけないよ。 だからウチのじいさんも冬は都会に道路工事に出て行ってたんだよ。
でも国が何らかの処置をとってくれてるんでしょ?
さっき減反について、何も変わらないって言ったけど、そういう事だよ。 分かるか?何も言わなくてもお金にならない農業なんて誰もやらないのよ。そうしたら自然にお米を作る人がいなくなるでしょ? それが今の減反方法なのよ。国は黙っているだけだよ。だって他の事をやった方がお金になるんだから。
酷い話だね・・・。でもさ、いざとなればさ、また若い人を連れてきて耕せばいいんでしょ?
違う。田んぼっていうのはね、生き物なのよ。一年でも放っておいたらすぐに駄目になるの。
でもなんとかなるんでしょ?
作れったって土を戻すだけでも5年はかかるのよ。5年間収入がないものを誰がやるの? そんなお偉いさんが考えてるほど甘くない、よく覚えておきなさい。

これが実際の現場の声です。日本政府は5年間我慢する事が出来るでしょうか? ひいては日本国民が未曾有の自体に陥った時に5年間も我慢できるでしょうか? 答えはNOです。

特に酷い食料

食料と一口に言っても様々な種類に分かれます。特に酷いものだけを抜粋してみましょう。

小麦 13%
大麦 8%
豆類 7%
果実 39%
肉類 55%
牛乳 66%
魚介類 52%
海藻類 67%
砂糖類 32%
油脂類 13%
飼料 25%

如何ですか?皆さんが好きなものの順から足りていませんよね?

お肉もパンも果物も甘いものも殆ど食べられなくなります。 多少は市場に残るでしょうが、贅沢品としてお金持ちの人限定の食料となるでしょう。 これが残された日本の国力です。

本来日本人は食事は一日に二食、それも魚の干物は贅沢品で、毎日お味噌汁にご飯、お新香でした。 それに戻ればいいかもしれませんが、そのように育ってきていない世代にとっては耐えられない事でしょう。

近年中国産やアメリカ産、オーストラリア産のものに疑問符がつくようになりました。 当然といえば当然です。 顔の見えない遠い外国人が食べるものの安全など誰が心配してくれるでしょうか? 国でさえもなるべくたくさん輸出したいでしょうから、検査も甘くなる事でしょう。

海外旅行に行ったことがある人なら分かると思いますが、 自国を出発する人より入国する人の検査の方が大変厳しいです。 それは日本も例外ではありません。 日本人の安全は日本人が守るのは当たり前の事です


ご賛同頂ける方は当サイトへリンクを頂けるだけで構いません。 自給自足を盛り上げていきましょう。

APIO

APIOは日本の食料自給率を高める事を目的にした団体です。リンクはフリーです。日本の未来はあなたの手に。

代表 高山伸彦 / 田中博 / 高柳恵子 / 真田秀信 / 他21名

無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君